ちょっとあおりが入った題名にしてみた今回。


 最近同性婚についての話をよく聞くよね。


 僕は同性婚は反対である。
 
と僕は思っているんだがどうだろうか。

 なぜなら、結婚とは愛に等しく与えられる始まりであるから。

 同性愛が「愛」じゃないといっているのではない。
 
 同性・異性と区別するのがおかしい!


と僕は思っているのである。だから、同性婚というネーミングに違和感を覚えるわけだ。


結婚だろ?自分たちがしたいからするわけで、他人がとやかく言うことじゃないだろ。


 相手がギャンブル好きのクズとか過干渉のボケナスってのは、個人的に反対するけど「同性だから」ってのは


僕的には反対の理由にならないと思うんだよ。


 だって愛し合ってんだろ?


 同性のカップルが里子を育てるなんて、海外ではよくある話だ。


 昔記事の繰り返しになっちゃうけど、同性愛者が里子を預かれない


日本のシステムがまずおかしいことに気がつけ。
 
「同性同士の結婚を法律で認めろー」


ってがなってる人たちも多いけど、その前に


ノンケたちの心理を変えていかなきゃ法律変えたって無駄だと僕は思っている。


 たとえば「同性愛なんか認めない」って家の子供が同性結婚して幸せになれると思う?


 同性愛者夫婦が里子じゃなくて、体外受精とかで子供作ったとしてその子供が「いじめられない」と誰が言える?


 里親として信用できない。って言われてる夫婦が「子供」育てて幸せになれるの?


 いや、親は愛してくれるだろうけど周囲の理解がないと絶対無理だよ。子育て。


 親が同性愛者だから。って変な目で見るような世間で、子ども育てられると思ってるの?


 世の中が


「同性愛者は異性愛者と変わらないんだ」


ということを理解できない限り、結婚したって子供育てるまで行かない。


 子供要らないなら、何故結婚という制度を利用したい?


 相手が「入院したとき困るから」「証明がないとややこしい」というなら、同等の適当な証明でいいよね。


 結婚したら、一緒に子どもを育てたい。


 と思うのが当然の流れだと思う。体外受精にしろ何にしろ。


 でもそこで誰か書いてたけど「子供自身がかわいそう」と。


「同性愛カップルに育てられる子どもがかわいそう」


 この言葉に日本人の問題点総てが詰まってるんだよ。


 これをいってるのが既婚者(子持ち)なら、自分が子どもを育てている


優越感も含まれていると思う。


そんなもの持てる時代も悪いと思う(個人の性格の悪さもあるとはおもうけど)


 でもこれがノンケの総意に近いものだと思うんだ(理解がないノンケね)


 うちのパートナーは理解あるノンケだけど「里親になれないとかおかしくね?」と言っている。


 里親になれないのも結局、「同性愛カップルに育てられる子どもがかわいそう」という偏見からなんだよね。


 どんなに美麗な言葉で飾ったって結局根本はココ。


 そんなこと思っている世間に「同性愛結婚」だけ押し付けたって、絶対に幸せになれないと思う。
 
 同性愛・異性愛・全性愛。


 愛の形が違うだけで本質は同じなんだ。


 ということを世間に広めていかなければならないと思う。


 だから僕は結婚に「性」を押し付ける世間がある限り、同性愛者は幸せになれないと思う。


 何故結婚に「ジェンダー」を持ち込むのか。


 それは結局結婚が「ジェンダーの押し付け」で成り立っているから。


 女はこうしなければならない。


 男はこうしなければならない。


 それがジェンダーの押し付け。


 同性愛だとそれが成り立たないから、ジェンダー押し付けに慣れている人たちはパニックになる。


 愛し合うことに性別なんか関係ないんだよ。


 って言うことが僕は本当に伝えていかなければならない意味だと思っている。


「同性婚特別」


みたいな風潮が僕はまずおかしいと思うんだ。愛に特別もクソもない。

 総てが至上だろ?

 敵は本能寺にあり。じゃないけど、敵は本当はなんなのか。

 同性婚という言葉にごまかされているのではないのか。

 今一度考えて欲しいと思う。

 同性愛者だけの問題ではなく、異性愛者の結婚問題も絡んでくる